ウッドホームでは、家づくりでの大切な要素「基礎工事」や「耐震補強」等を標準仕様で兼ね備え、高品質でしっかりと施工された安全で安心な住まいをご提供いたします。




基礎工事(ベタ基礎)

基礎工事とは、地面と建物のつなぎ部分にあたる基礎部分をつくるための工事のことです。
とても大切な工程で、基礎は建物のすべてを支える土台であり、その土台がしっかりしてこそ家が傾かず、丈夫で長持ちします。
ベタ基礎は、基礎の立上り部分だけでなく、底板一面が鉄筋コンクリートになっているもので、荷重を底板全体で支えます。面で支えるため、建物の重さを分散させることができ、耐震性がアップします。また、地面からの湿気やシロアリの侵入を防ぎます。




木造軸組工法

木造住宅の工法には、在来型工法の「木造軸組工法」と「2×4工法」などがありますが、ウッドホームでは、木造軸組工法にこだわりを持って家づくりを行っています。
「筋かい」という補強で、地震などの横からの衝撃に耐える構造になっており、接合部にも専用の金物を使用し強度を高めています。
また、柱の位置や長さを自由に設定できるため、デザインや間取りの自由度が高いというメリットもあります。




ウッドホームの
こだわりの構造

木のぬくもりを活かし、災害に強い耐久性のある堅牢な骨太構造で安心・安全な住まいを実現します。




ホールダウン金物

基礎・土台4寸角・柱脚を緊結することにより、高い耐震性を発揮

筋交いプレート・山形プレート

柱や梁・筋交の継手・仕口には各種頑丈な金物で固定し強度を上げています。

構造材

乾燥材使用




堅牢に組まれた柱と梁の太さ

全周換気の基礎パッキン工法により床下の通気性を図り、湿気・シロアリによる被害を防ぎます。

断熱材(ロックウール)

ロックウールはスウェーデンなどの北欧地域で主流の断熱材です。寒い地域で多く使われています。繊細な繊維の隙間に大量の空気を含む構造により、抜群の断熱効果があります。









お問合せ・資料請求・展示場予約